「男磨きのロードマップ」を無料プレゼント中! >>

【禁欲期間1年以上】高校時代の長期禁欲で実感したオナ禁効果5選

オナ禁

こんにちは、りくと申します。

オナ禁効果のリアルな体験談を聞きたい

高校生が長期オナ禁するとどうなるの?

長期オナ禁するとどんな効果が得られるの?

本記事は、このような悩みを抱えている方に読んでいただきたい内容となっています。

本記事のテーマ

【禁欲期間1年2ヶ月】高校時代の長期禁欲で実感したオナ禁効果5選

記事の信頼性

この記事を書いているのは、オナ禁・男磨き歴2年ほどの現役大学生。

現在は同じ大学の美人彼女と交際中で、幸せな日々を送っています。

高校3年生の頃に、約1年2ヶ月の長期オナ禁を経験済み。(2020/5/1~)

» 参考:【公式LINE登録特典】男磨きのロードマップ ー 僕がやってきた21の男磨き

読者さんへの前置きメッセージ

本記事は「今から長期オナ禁に挑戦しようとしている」という方や、「現時点でオナ禁に取り組んでいる」という方に向けて書かれています。

この記事を読むことで、「長期オナ禁で得られる効果、効果が出るまでの期間、オナ禁効果のリアルな体験談」を具体的に知ることができます。

今や、SNSをはじめとするインターネット上では、オナ禁に関する様々な情報に触れることができます。

しかし、様々な年代や立場の人が【オナ禁に関する情報】を発信しているため、何が正しい情報なのか分からないというのが実情です。

もちろん、その中では「長期オナ禁は意味ない」だとか「オナ禁は7日以上やっても意味ない」といった情報を見かけることも少なくありません。

けれど、そういったものを見る度に僕は思うのです。

「それはなんか違くね?」と。

というのも、僕には高校3年生の春から、約1年2ヶ月の長期オナ禁を成功させた経験があります。

そして、実際に長期オナ禁を経て、オナ禁効果を実感することができたです。

故に、「長期オナ禁は意味ない」だとか「オナ禁は7日以上やっても意味ない」といった主張には、異を唱えたいところであるのです。

本記事では、僕が実感した【長期オナ禁の効果】を5つに絞って徹底解説していきます。

本記事を読破し、長期オナ禁のモチベーションアップに繋げていただければ幸いです。

それでは、さっそく見ていきましょう。

高校時代の長期禁欲で実感したオナ禁効果5選

約1年2ヶ月の長期禁欲によって、僕が実感したオナ禁効果は以下の通りです。

詳しく見ていきましょう。

①集中力が上がった

1年以上のオナ禁を通して、最も実感できた効果が【集中力が上がった】ということです。

具体的な効果としては、以下のような感じでした。

  • 勉強への取りかかりが早くなった
  • 学習内容が頭に入ってきやすくなった
  • 集中力の持続時間が伸びた(連続5時間くらいなら余裕)

このような効果を感じるまでにかかった期間は、オナ禁開始から2ヶ月ほどであったと記憶しています。

僕の場合、このオナ禁効果が表われるまでのプロセスとしては、以下のような感じでした。

勉強とオナニーを天秤にかけることがなくなるので、勉強の取りかかりが早くなる

煩悩を振り切って勉強に取り組めるので、学習内容が頭に入ってきやすくなる

作業興奮も相まって、極限まで集中した状態で勉強に取り組める

定着力がアップして、受験勉強の意義を感じやすくなる

さらに「勉強頑張ろう」と意気込むようになる

以後、繰り返し

このような【プラススパイラル】に身を置いたことで、集中力向上の効果を実感し続けられたのだと思います。

結果的に、高校3年生の受験期にもかかわらず、文武両道(勉強と部活の両立)を達成することができました。

詳しくは以下の記事でも触れているので、あわせて読んでいただけると幸いです。

また、「オナ禁によって集中力が上がった」という効果は、現在受験生である僕の弟も実感したみたいです。

ダメダメだった彼も、今ではグングンと成績を伸ばしてきています。

弟の事例を知ったことで、「オナ禁によって集中力が上がる」という効果は本当なんだなと、ますます感じるようになりました。

②プラス思考になった

長期オナ禁を開始してから、前向きな思考ができるようになりました。

これは、長期オナ禁によって賢者タイムの発動機会を完全になくしたことで、「セルフイメージの低下を防ぐことができた」ということが影響しているのではないかと考えています。

【プラス思考になった】という効果を初めて自覚したのは、オナ禁を始めてから3ヶ月ほど経ってからのことでした。

しかし、「実はもっと前から効果が出始めていたのではないか」と睨んでいます。

というのも当時、【根暗人間】よりも【プラス思考人間】の方が成功しやすいという情報をTwitterで見かけたことがあったのです。

それからというもの、僕は「無理してでもプラス思考を心がけながら、日々を生活するようにしました。

その結果、いつの間にか【自然とプラス思考できるようになっていた】のです。

実際にプラス思考で生活するようになってからは、「以前よりも、試行錯誤のために行動できるようになった」と感じることができました。

例えば、部活の監督にこっぴどく叱られたとき。

当時【プラス思考人間】だった僕は、次のように考えていました。

「1年後からしたら、どうせいい思い出になってるんだろうな」

このように前向きに考えて、自分を奮い立たせることができました。

また、今の彼女を初デートに誘う決心をしたときも。

「断られたとしても俺の魅力が足りなかったってことだから、また頑張ればいい」

こうして前向きに捉えることで、彼女に思いっきり声をかけることができました。

このようにプラス思考を身に付けたことで、簡単なことで動じなくなり、チャンスを逃しにくくなりました。

僕の場合、【プラス思考】を意識して生活していったことと、オナ禁が掛け合わさって、このような効果を実感することができたのだと思っています。

③運が良くなった

長期オナ禁を開始してから、運がよくなりました。

この効果が表れ始めたのは、オナ禁開始から1ヶ月くらいのことだったと記憶しています。

しかし、人によっては、効果を実感するまでに3ヶ月以上かかってしまうかもしれません。(理由は後述します)

漠然としていますが、ある日突然、「運が良い」と感じるようになったのです。

正直言うと、当時の僕からしたら、なんとも不可解な現象でした。

しかし今考えてみると、ちゃんとしたプロセスを踏んだ上で、このような効果が表れているのだと考えることができます。

まずは、こちらのツイートをご覧ください。

ズバリ、オナ禁をして「運が良くなった」と感じる根本の理由としては、オナ禁によって「感受性が豊かになったから」であると言えるのです。

まず、オナ禁によって、ポルノに汚染されていた脳が少しずつ回復に向かっていきます。

そして、ポルノ脳から完全に脱却できたときに、感受性が爆上がりします。

結果、どんな小さなことにでも「運が良い」と感じるようになるという訳なのです。

ここでは、その例を紹介します。

  • 川のせせらぎ、鳥のさえずりなど、自然に感動できるようになる→「こんな素敵な星に生まれてこれて、運が良かったな。
  • バイトでミスしてしまったけど、先輩がフォローしてくれた→「自分のミスをカバーしてくれる先輩と出会えて有難いな。運が良かったんだろう。
  • 通学路の信号がたまたま全部青だったことに気づく→「俺って運良いなぁ。

このように、実際に運が良くなったわけではありませんが、運が良くなったと感じる機会が増えるという訳なのです。

もちろん、「宝くじで高額当選した」とか「裁判官に選ばれた」など、ガチで運が良くなるわけではないので、勘違いしないように注意しましょう。

なお、先ほど、「人によっては(効果を感じるのに)3ヶ月以上かかってしまうこともある」とお伝えしました。

その理由としては、重度のポルノ脳から脱却するのには3ヶ月の月日を必要とするという説が濃厚であるからです。

感受性を上げるためには、まず、ポルノ脳から脱却しなければなりません。

ゆえに、「運が良い」という効果を感じるまでの期間は、あなたの【オナ猿度】によって変化するのです。

④継続力がついた

長期オナ禁を始めてから、継続力がつきました。

そもそもオナ禁自体、継続力が必要なことなのですが、オナ禁を続けていく内に【継続の偉大さ】に気づけたのが大きいのかも知れません。

結果的に、筋トレ・情報発信・日記・スキンケアなど、色々なものに手を出してみたものの、しっかりと1年以上継続できているものも増えてきています。

この効果を感じるためのポイントとしては、【オナ禁=修行である】という認識を持つと良いかもしれません。

本気でオナ禁に取り組み、本気で男磨きに取り組み続けることで、【継続力がつく】といったオナ禁効果を実感することができるのです。

⑤部活でのパフォーマンスが上がった

長期禁欲を続けたことで、部活でのパフォーマンスが上がりました。

僕は高校時代、陸上部で長距離走(主に5000m)を行っていました。

一時期、半年近くタイムが伸び悩んだことがあったのですが、そんなとき2週間のオナ禁をしてみたところ、タイムを大幅更新することができたのです。

この出来事がキッカケで、それ以降の記録会やレースの前には、必ずオナ禁をするようになりました。

結果、その恩恵をモロに受けることができました。

特に長距離走の場合は、体力や自分との戦いになりがちなので、「長距離走とオナ禁との相性が抜群に良かった」とも言えそうです。

ただ、オナ禁をすることでパフォーマンスが上がることは間違いなさそうなので、現時点で部活やスポーツをやっている方は、ぜひともオナ禁を継続してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

約1年2ヶ月の長期禁欲によって、僕が実感したオナ禁効果は以下の通りでした。

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、長期オナ禁を経て得られる効果としては【内面的な変化】の方が多かったと感じています。

僕自身、1年以上の禁欲とともに、様々な男磨きに取り組んできましたが、正直、オナ禁による【外見的な効果(肌が綺麗になるetc)】はあまり感じられませんでした。

それよりかは、【内面を磨くため】【内面を魅力的にするため】に一役買ってくれたのだと感じています。

長期オナ禁に限らず、オナ禁に取り組む際は、内面的な効果に期待した方がいいのかもしれません。

逆に、「肌を綺麗にしたい」などの【外見的な効果】をオナ禁に求めるのは控えた方がいいと思います。

とはいえ、オナ禁はマイナスを0に戻してくれるので、元々オナ猿であることが原因で肌が汚いという人は一定の効果はあると思います。

しかし、一定水準を超えたあとにプラスになることはありません。

どっちにしろ、男磨きにも本気で取り組んでいく必要があります。

魅力的な男になって彼女が欲しければ、【禁欲×男磨き】を極めていく必要があるのです。

このことを、しっかりと覚えておくようにしてください。

それでは、よい男磨きライフを。

オナ禁
\りくをフォローする!/
男磨きは放課後に

コメント

タイトルとURLをコピーしました